管理の難しいお墓は墓じまいという選択もある【かかる費用を確認】|The Funeral

墓じまいとは

先祖代々続くお墓も、お墓を管理する人がいなくなると、存続させることが難しくなります。お墓があれる前にと自分たちの代でお墓を畳んでしまうのが墓じまいです。

墓じまいにかかる費用の内訳リスト

  • 墓じまいの見積料【見積もりは無料の業者もある】
  • お墓の解体費用【相場は10~30万円くらいになっていることが多い】
  • 撤去費用【重機が入らない場合等はかなり高額になる可能性がある】
  • 解体の際の閉眼供養の儀式料【お布施の相場は大体1~5万円】
  • 改装が必要な場合の改装許可申請書類費用【数百円の手数料が必要】
  • 新しいお墓に改装する場合の費用【150~200万程度必要】
  • 永代供養墓を利用する場合の費用【10~150万程度の費用が必要】
  • 散骨にかかる費用【海洋散骨に対応している業者もある】
  • 洗骨にかかる費用【地域によって費用に差がある】
  • 遺骨を移動させた先での開眼供養の儀式代【閉眼供養とあまり変わらない】
霊園

将来を考えて

最近では、将来のことを考えて早いうちに墓じまいの準備をしたり、行動を起こす人がとても多くなりました。子供がいなかったり、子供がいても面倒をかけるわけにはいかなかったりと人それぞれ理由は様々です。永代供養であれば、そのままお墓を持ち続けるよりも費用の面でもあまり負担が大きくなくて済むことも墓じまいの人気の理由の一つと考えられます。場所によってもそうですが、永代供養の内容によっても費用に違いはあれど、お墓を持ち続けるよりは負担が小さくて済みます。経済的な負担を子供や孫の世代にまでかけないようにしたいという気持ちが強い人が増えています。だから、墓じまいを真剣に考えて行動を起こしている人が続々と増えているのでしょう。

納得のいく内容にすること

実際に墓じまいをする場合、どういう方法を選択するのかは事前にじっくりと考える必要があります。永代供養墓にする人も多いですが、最近では樹木葬や海に散骨する人もとても多くなりました。費用もそれほど高くなくて済むので安心して選択できます。永代供養を選択するとしても内容が様々で、決められた年数は個人の納骨堂に保管され、それ以降は合祀されることもあれば、最初から合祀されるなどがあるのでよく考えてから決断してください。

周りと相談して決める

自分の意見だけではなく、家族の意見もきちんと聞いた上でどのように墓じまいするのかを決断しましょう。費用の問題もありますが、ご先祖様のことも考える必要がありますし、自分だけではなく子供や孫のことまで考えた上で最善の決断をしなくてはなりません。今では選択肢がとても多くなったこともあって、決断することが難しいかもしれません。家族と話し合うだけではなく、プロの意見を取り入れるなどして、誰もが後悔しない方法で墓じまいしましょう。