先祖の永代供養を頼みたい人へ【霊園に相談】|The Funeral
HOME>トピックス>先祖の永代供養を頼みたい人へ【霊園に相談】

目次

予めの準備が大切になる

永代供養を希望する人が多くなって来ていますが、どのような方法で行うのか考えてみました。まずは永代供養を行ってくれるお寺や霊園を探すことなり決まった時には、今あるお墓の管理者側に墓じまいをすることを伝える必要があります。遺骨を移動する時には市町村役場から改葬許可証をもらい、お墓の管理者から印をもらうことになります。今あるお墓に対しては、魂を抜く閉眼供養を行うことが必要になると共に石材店に墓石の撤去依頼をします。京都市内で永代供養先を見つけた時には、遺骨を持参すると共に改葬許可証を提出することになります。この時点で永代供養証明証をもらえることになり、手続きは終わったことになります。

宗派宗旨に問われない良さ

京都で行う永代供養の良い所は、預けた遺骨に対し供養や管理の全てをお寺や霊園が行ってくれる所にあります。自分でお墓を管理していた時は、年に数回墓の清掃などを行う必要もあったのですが、これらのことは全て管理する側で行ってくれることになります。そのためお墓を守る後継者のいない人にとっては、とても良いことになっています。永代供養の多くは、宗派や宗旨を問いません。ですがお寺に依頼した時には、檀家になると言う条件が付く場合もありますので注意が必要です。供養を申し込む前に確認をしておくべきでしょう。

合同墓になる注意

京都で永代供養を行った時、遺骨の多くは合同墓とか合祀墓と言われることになり、他の人と一緒の墓になります。他の人と共同の墓になったことで、再び遺骨を取り戻すことが出来なくなります。親族などに相談せず勝手に行ってしまったことから、問題になる場合も出て来ます。後々の問題とならないために、相談する人にはキチンと確認をしておくべきです。